お知らせ

施設外玄関帳場の開業工事

皆さんこんにちわ。

新条例の施設外玄関帳場の開業工事で完了しました。

 

クロスと床タイルが完了しました。

残すところは、パソコン・備品類の設置だけとなりました。

12月中には正式にオ-プンできそうです。

 

たくさんのお問合せを頂きましてありがとうございます。

チエックイン委託料金・管理料金につきましては、個別でご相談させて頂いております。

さまざまなニーズ(個別プラン)に対応していきたく考えております。

 

五条施設外玄関帳場まもなくオープン!!

五条施設外玄関帳場の現在の状況を報告いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帳場の造作も終わりに近づき、まもなくオープン予定です。

帳場の常駐問題で頭を悩ませているオーナの皆様、是非一度お問い合わせ下さい。

 

 

COMING  SOON

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河原町五条施設外玄関帳場半径800m範囲

 

 

弊社が運営予定の施設外帳場の対応できる範囲を地図に記しましたので今後、帳場常駐問題で頭を悩ませている方でこの範囲の中で運営されているオーナー様、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

見えずらい場合はこちらのリンクから確認できます。

http://www.k-lchome.com/info/wp-content/uploads/2018/10/49d2e670e1f6256a303ee7d6cf0d8a9e.jpg

 

 

 

 

 

 

 

施設外玄関帳場、工事開始!!

皆さん、こんにちは

営業部のヨネサカです。

弊社で新たに施設外玄関帳場を運営することが決定しました。

場所はこちらになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い印の場所が施設外玄関帳場になります。

住所:京都市下京区大工町495番地3

オープン予定時期12月予定です。

詳しい詳細は弊社までお問い合わせ下さいませ。

TEL:075-634-8233までお電話下さい。

 

既に知っているオーナ様もいると思いますが、6月15日の条例改正で現在の既存の施設は2020年3月末までの猶予期間が設けられました。

しかし、猶予期間が過ぎてしまいますと、帳場常駐が必須になります。その場合、現在運営されているオーナ様の中にも頭が痛い問題ではないでしょうか。

そんな時、運営されている施設の近辺で施設外玄関帳場があれば問題も解決します!!

弊社ではオーナ様の問題を一緒に解決できればと考えておりますので、お気軽にご相談下さいませ。

 

そして、現在の進歩状況もお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し画像が荒いですが、こちらが施設外玄関帳場の外観写真になります。

河原町通りに沿いに面しておりますので、利用もしやすいのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも工事を着工して頂いている職人さんになります。

いつもありがとうございます。

 

随時、近況報告をしていきますのでお楽しみください。

 

 

特定小規模用消防工事 簡易宿所編

皆さんこんにちは

 

簡易宿所の許可を取得するにあたって消防設備の特定小規模用の設備設備を設置が必須になります。 今回は簡易宿所で設置する特定小規模用の消防設備にについて簡単に解説していきます。

 

①まず、特定小規模用消防設備とは?具体的に?

 

通常の消防設備工事とは異なって、延べ床面積が300㎡未満の建物です。

 

だいたいの簡易宿所は延床面積が300㎡未満が多いかと思います。

 

 

 

 

 

②何をしなければならないのか?どんな工事が必要なのか

 

誘導灯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難口への案内表示です。

 

デパート・飲食店等、皆さんの日常生活の中でもよく目にされていると思います。

 

簡易宿所も不特定多数の人物が出入りする施設になりますので、非常時に直接屋外に避難出来る扉付近、避難口に通じる通路に設置する標識になります。

 

 

 

 

 

 

非常灯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停電時に光る照明です。

 

名前の通り、非常時に光らせる必要があるので、分電盤ブレーカーがおちた際も光るように配線工事が必要になります。

 

蓄光式で停電時に30分程度光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動火災報知機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内の煙などを感知した際に、音声で知らせてくれるものです。

一般の家庭には、住宅用の煙感知器がついていると思います。

しかし、簡易宿所では、特定小規模用自動火災報知機の設置となり各部屋の設置が必要で、煙を感知した際、連動して全部屋に音声で知らせてくれます。

収納スペース等で2㎡以上ある場合も設置が義務付けられています。

通常の自動火災報知機とは異なり、配線工事が不要で、ワイヤレス式連動タイプとなってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消火器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消火器の設置は150㎡未満であれば設置義務はありません。しかし、各階で50㎡以上ある場合は50㎡を超える階に消火器の設置義務があります。

基本的には設置するようにしていますし、消防局からも任意での設置をお願いされます。

宿泊される方のことを考えると設置するほうがいいかと思います。

 

 

 

 

防炎物品

 

カーテン・絨毯も必ず防炎マークがある防炎物品への取り換えが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテンは通常のカーテンですと防炎使用にはなっていない為、火事になった際にすぐに火が燃え移ります。しかし防炎使用の場合はポリエステルや難燃糸を使用している物や通常の生地に難燃液をつけて防炎加工を施されています。

消防検査の際は上記の防炎マークがついていない防炎カーテンの場合と不適合とみなされ新しく防炎カーテンに取り換えを指導される場合がありますので、購入の際は防炎マークがついているか確認が必要です。

 

 

次に絨毯は2㎡以下の絨毯ですと防炎の物ではなくても問題ないですが2㎡以上になりますとこちらもカーテンと同じく防炎マークがついている必要があります。

 

 

 

 

 

 

避難経路図 緊急時外国後案内表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難経路図は宿泊者が避難する際に迅速かつ分かりやすく判断できるよう作成します。

緊急時の案内表示は英語で記載し海外の方にもわかるように作成致します。

 

 

 

 

これらの設備・工事が必ず必要です。

 

 

又、消防工事が完了したら、次に設備士が書類を作成します。

 

図面・配線回路図・仕様書・防火対象物使用開始届・消防法令適合通知交付申請書

 

これらを消防局予防課に提出します。

 

書類に不備がなければ、立ち合い検査があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防適合通知交付

書類・設備・検査 全て問題なければ消防局から消防適合通知が交付されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、消防法令適合通知書が発行されるまでの一連の流れになります。

これから簡易宿所の許可を取得される方で消防設備、消防法令適合通知書のことでお困りの方はまず、

一度弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

笑天神 金閣寺 改装工事完了

笑天神 金閣寺の改装工事が完了しました。

 

特定小規模用消防設備工事も完了し、消防適合通知も交付されました。

 

あとは、営業許可待ちです。

 

解体工事から始まり、工事期間が6ヵ月程かかりましたが、内外装共に、すばらしい簡易宿所に生まれ変わりました。

 

解体工事は木の躯体だけを残し、あとは全て解体しました。

 

外観は、上半分は左官職人が手塗りの聚楽塗装と大工職人が一枚一枚杉板を張り合わせ、アクセントのある外観に仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 写真は外観です。

 

 

 

立地も北山通りに面していてすごくわかりやすいかと思います。

 

金閣寺に観光に来られ際は是非ご宿泊頂ければ嬉しいです。

 

 

自社簡易宿所(五条)の改装工事が完了しました。

弊社自社簡易宿所弁慶 五条です。

 

 

8月から解体工事が始まり、改装期間が約8ヵ月かかりましたが、とうとう工事・内装セッティングが完了しました。

 

テーマは京町屋です。

 

内装のセッティングも完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防検査も終わり、適合通知も交付されました。

 

 

 

自社簡易宿所(二条)改装工事が完了しました。

弊社のオープン予定の自社簡易宿所(二条城)の改装工事が完了しました。

 

1月から解体工事が始まりまして、3月中旬に工事が完了、3月末に内装セッティング共に完了しました。

 

今回の簡易宿所は

 

2Fはホテルをイメージしたような造りに仕上げました。ベッドを用いて、壁紙はアクセントを用いてます。

 

 

 

1Fは和も取り入れてます。和の壁紙をアクセントで取り入れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面・トイレが2つづつありますが、面積の関係で収容人数は最大7名です。

 

消防検査も完了しましたので、あとは、簡易宿所の営業許可申請のみとなりました。

オープンが楽しみです。

 

 

 

 

 

装飾品

ゲストハウスのワンポイントとなるおしゃれ品です。

完全受注生産となります。

コンパネ材にクロスを貼って作成します。

クロス柄はカタログから選んで頂く事が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料金

 

 

縦横30㎝ 3000円~

 

縦30㎝ 横80㎝ 4000円~

 

各サイズオーダー承ります。料金別途ご相談

ゲストハウスのコーディネート編

皆さんこんばんわ。

京都の簡易宿所の去年に比べて件数も大幅に増え、価格競争・品質が激化してきているのが現状です。

去年の価格で予約がはいらない等の相談をよく受けます。

今年もかなりの数の簡易宿所・ホテルが増えていきます。

ますます、競争が激していくでしょう。

そこで今回は簡易宿所のコーディネートのアイテムをご紹介させて頂きます。

寝室・玄関などに飾るとオシャレで和を演出できます。

弊社作成のオリジナ品です。

好評があれば販売していく予定です。

まずは、弊社の自社簡易宿所に取り付けてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパネで30センチ角で作成し、和風のクロスを貼っています。

 

ワンポイントのオシャレをいれて、差別化をはかりたいと考えております。

 

どうなる!?民泊新法と京都市旅館業法条例改正!!

どうなの!?民泊新法!!

 

みなさんこんにちわ。京滋エルシーホームスタッフの木谷です。

日中はだんだんと暖かくなってきて、春の気候となってきました。

京都市ももうすぐ桜が開花する時期となり、観光客が多くなる繁忙期となります。

私は毎年この時期となると、花粉症で体調がダウン気味となりますが、花粉に負けじと頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて先日、弊社代表の井上と私、木谷は京都市が主催する住宅宿泊事業法(民泊新法)及び、旅館業の条例改正の説明会に参加してきました。

 

 

 

住宅宿泊事業法の制定と京都市旅館業法条例の改正

 

住宅宿泊事業法とは、いわゆる民泊新法の事を指し、旅館・ホテル・下宿・簡易宿所の営業以外で、新たに6月15日から施行が予定されている法律になります。

この民泊新法に関しては、弊社にお問い合わせを頂く方や、旅館業法に見識のある一部の人達の中では、簡単な書類の届け出をすれば、簡易宿所や、その他の旅館業営業許可を取得するよりも、簡単に民泊の営業ができると考えておられた方もおられました。

あくまで、私個人の見解ですが、私が京都市の説明を聞いた印象としては、京都市独自の条例なども加わり、営業可能な条件、運営面での条件などに関して、簡単な届け出をすれば営業が可能になると考えておられた方の中では、予想していた程、簡単では無いと感じられる方もおられるんじゃないかなと感じました。

ポイントは沢山ありますが、私が住宅宿泊事業法に関して、特に、ある程度ハードルがあると感じた部分は以下の通りです。

 

 

①簡易宿所と同様に消防設備の設置が必要。

 

消防設備は民泊新法の中では不要なんじゃないか!?と予想されていた方々もおられましたが、民泊新法でも、簡易宿所同様に特定小規模施設用の消防設備や、その他消防設備の設置が必要であり、消防法令適合通知書の交付を受けて、住宅宿泊事業法の届け出添付書類として必要になります。

もし、特別な設備の導入は必要ないと考えてられていた場合には、施設の開業に向けて動かれるにあたり、消防設備導入も考えていかなければなりません。

 

②家主不在型で施設の運営を行う場合には原則、住宅宿泊管理業者への委託が必要

 

住宅宿泊事業法を適用しての民泊運用をお考えの物件で、ご自身が常駐されない形での運用を考えておられる場合には、家主不在型という施設の管理種別となります。

この家主不在方型の場合には、原則、宅地建物取引業者の免許をもった、住宅宿泊管理業者登録業者への管理業務の委託が必要となります。

もし、隣家にご自身が住まわれるなどされる場合には、委託の必要がありません。

この規定は、ご自身で民泊を運営されたい場合には、基本的には家主居住型の運営体制を敷く必要があり、ご自身が住まわれている住宅か、隣接する家でないと、ご自身で民泊を運営する事は不可となる規定になります。

この規定により、ご自身で宅地建物取引業者の免許をもっておられて、住宅宿泊管理業者登録業者に登録できる方は別ですが、運営を考えておられる建物から離れた場所に住んでおられて、ご自身で運営をしたいと考えておられた方にとっては、住宅宿泊事業法でのご自身での運用が難しくなります。

 

 

③家主不在型での運用の場合、施設から概ね10分以内(概ね800m)の場所に、現地対応管理者を常駐させないといけない

 

家主不在型での施設運用をお考えの場合には、「施設から概ね10分以内(概ね800m)の場所に、現地対応管理者を常駐させないといけない」という規定が設けられています。

もし、施設から10分以内(概ね800m以内)にお住まいではない場合で、家主不在型での施設運用をお考えの場合には、施設から概ね10分以内(概ね800m)の場所に、現地対応管理者を常駐させないといけません。

この場合、施設運用をお考えの建物の近くに、住宅宿泊管理業者登録業者の事務所等が無かったり、ご協力頂けるお知り合いの方がおられない場合には、その場所での民泊の運営は難しくなります。

そういった状況下で、どうしても民泊をその建物で始めたい場合には、上述したような現地対応車としてご協力頂ける方を探すか、もしくはご自身が施設に住むないし施設の隣家に住む、或いは10分以内(概ね800m以内)に居住される等を考えないといけません。

尚、本決定が下されたわけではありませんが、6月15日の住宅宿泊事業法の施行に合わせて、旅館業法も更に改正されるという噂もされているのですが、もしそうなった場合には、改正旅館業法でも、本規定が適応されるのでわ?とも言われており、これから京都で簡易宿所の許可を目指そうという方々にとっても無関係な話ではなさそうです。

 

 

これらの他にも、気になるポイントは多々ありましたが、総じて感じた印象は、京都市は無許可の違法民泊を今後絶対に許さないという意思の基、これまで無許可民泊が数多く運営される事によって発生してきた問題点を徹底して是正させていく構えという姿勢を感じました。

そして、法令・条例の中身についても、簡易宿所の申請と同等規模の厳しい水準での住民との調和・安心・安全な施設運用を求めているとも感じました。

特に印象的だったのが、説明会のスタート直後に担当者の方が、「先日、大阪の無許可民泊で起きた大変痛ましい事件を受け、本法令・条例は世間の方々からすると、マイナスの印象からのスタートであり、今後、京都市において、民泊に関する大きな問題が生じた場合には、次期を早めての厳しい条例改正もあり得る」という言葉です。

先日にはAirbnbも行政からの届け出を受けていない宿泊施設に関しては、Airbnbへの掲載もしないという事を明言した事から、今後、無許可で民泊を行う事は、益々リスクでしか無くなってしまうなとも思いました。

今回、旅館業法についても改正などされ、特に無許可運営に対する行政の指導・監督権・罰則が強化されたという印象を受けました。

もし、住宅宿泊事業法が施行される6月15日に旅館業法もさらに改正されるとなれば、更に厳しい要件が追加される事が予想されますので、簡易宿所を自社運営する弊社としましても、しっかりと同行を見ていきたいと思います。

それと同時に今後、自社で運営検討する物件において、住宅宿泊事業法の届け出をする機会がある場合には、積極的にチャレンジをして、皆様に住宅宿泊事業法を申請に関する情報をお届けしたいと思います。

 

 

 

さて、営業許可の取得はこの春には残念ながら間にあいませんが、弊社の新規開業予定の自社ゲストハウス2件も順調に工事が進み、完成間近となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様にゲストハウス完成の模様をお伝え出来るよう、スタッフ・職人一同、急ピッチで頑張っていきたいと思います。

帳場工事

今回の帳場工事は室内側に2㎡の帳場スペースが確保できなかった為に、

建ぺい率の範囲内でベランダがあった部分に帳場をつくりました。

ベランダスペースを帳場スペースに転用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 室内の床面積が17㎡しかなく、室内に帳場をむりやり作るとかなり狭い客室になって

こられるゲスト様にとってすごく使いにくく、狭い為です。

 

 

既存のベランダの躯体だけを残し、下地をし、外部に焼板を貼れるように骨組みをつくっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帳場には受付カウンターの取り付け・受付窓サッシの取り付け・出入り口用ドアの取り付けをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部は杉板仕上げで日本らしい和風にしております。

サッシも黒で焼板とバランスがあうように選定しました。

1 2 3 4 5 6 12