お知らせ

ついに!京都市簡易宿所駆けつけ要件 規制強化

簡易宿所も駆け付け要件義務づけ 京都市が規制強化へ

 

 京都市は、9人以下の1組が利用する一棟貸しの簡易宿所を対象に、玄関帳場(フロント)の設置基準を見直す。改正旅館業法に伴う国の通知に基づき、施設外への設置を認める一方、家主不在型の民泊と同じく「駆け付け要件」を義務づけ、施設まで10分以内で行ける場所への従業員らの駐在を求めて規制を強化する。市議会で31日、関連条例の改正案が成立した。
 改正旅館業法、住宅宿泊事業法(民泊新法)と同じ6月15日に施行する。既に営業する簡易宿所への駆け付け要件の適用開始は2020年3月末まで猶予するが、近年増えている簡易宿所の運営に影響が出そうだ。
 改正旅館業法に基づく国の通知で、簡易宿所は建物外のフロントで本人確認や鍵の受け渡しなどが認められることになった。また、施設外フロントが複数の簡易宿所に対応することも可能となる。
 市は通知に対応するとともに、市民生活への影響などを考慮して一定の規制をかけるため、フロントの施設外設置を認める簡易宿所を9人以下の1組が利用する一棟貸しに限った。「宿泊中に顔見知りしか出入りしない小規模施設なら客同士のトラブルは起こりにくく、施設外のフロントでも対応できる」と説明する。
 民泊新法施行を控え、民泊の営業を検討している事業者らが市の厳しい独自ルールを敬遠して簡易宿所に流れる動きが予想される中、駆け付け要件を義務づけた。家主不在型の民泊と基準を合わせることで、市内での宿泊施設の適正化を促す狙いがある。
 京町家を使った小規模施設(9人以下の1組向けの一棟貸し)は条例改正前と同様にフロントの設置を免除するが、駆け付け要件の適用対象には含める。
 市医療衛生推進室によると、市内の簡易宿所は3月末現在で2291施設。規制強化の対象となり、対応を迫られる施設は約半分にあたる1千施設程度(京町家を含む)とみられる。

民泊新法の厳しさ。各行政の申請状況

みなさんこんにちは。

民泊新法の受付が3月15日より始まりましたが、各行政への問い合わせはかなりの件数があるみたいですが、実際に受理されているのがほんの数件という事実です。

かなりハードルが厳しい条例となっています。はたして今後、民泊新法届出はどうなっていくのでしょうか。

 

 

各行政の申請状況下記

 

京都市 東京都 北海道 沖縄

 

京都市が設けた民泊の届け出窓口で書類などを確認する担当者=中京区

 一般住宅に旅行者らを泊められるようにする住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行(6月15日)まで残り1カ月となった。多数の民泊営業が予想される京都市の窓口には、全国一斉に受け付けが始まった3月15日から5月9日までに開業希望者から計1457件の問い合わせがあったが、書類の提出は6件で、受理案件はまだない。市の独自ルールが厳しいことなどから、様子見が続いている。

 相談は、来所が491件、電話が966件だった。内容は民泊新法や市の独自ルールの概要や必要な手続きの問い合わせをはじめ、個別物件の適法性の確認などが目立つという。1日平均26件に上り、国が設けた全国共通コールセンターへの相談件数(3月1日~4月15日)の同60件と比べて多く、市は「京都での開業ニーズは高い」(保健福祉局)とみる。

 ところが実際の書類提出は6件にとどまり、いずれも確認中のため、正式な受理はゼロとなっている。全国では受け付け開始から1カ月間の提出件数が東京都新宿区で11件、北海道と沖縄県で各10件となるなど計232件に達している。このうち東京23区を中心に27件が受理されている。

 京都市によると、市内での提出件数が比較的少ないのは、30種類近い書類の提出が必要なことや、家主不在型の民泊に不可欠な物件管理業者がまだ少ないことなどが背景にあるとみられるという。市内でホテル建設が相次ぎ、供給過剰になるとの予測も影響している可能性があるという。

 ただ、物件管理業者が増えれば、空き物件を多く持つ不動産業者がまとめて提出することも考えられ、市は関係者の動向に注目している。

 

 

 

兵庫県

 一般住宅に旅行者らを泊める「民泊」を解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)施行が来月15日に迫る中、兵庫県内では営業の事前届け出が4件にとどまっていることが分かった。「全国一厳しい」ともいわれる県の規制条例などが高いハードルとなり、届け出が受理されたケースは2件のみ。訪日観光客を呼び込む起爆剤として政府が期待する民泊だが、兵庫では低調な滑り出しになりそうだ。(前川茂之、若林幹夫) 民泊新法施行で、都道府県などに届け出た家主や事業者は年間180日まで一般住宅に旅行者らを有料で泊めることが可能となる。3月15日から全国で事前受け付けが始まり、観光庁によると、今月11日までの届け出件数は計724件。 神戸新聞社が兵庫県などに聞き取ったところ、今月28日までに届け出の書類が提出されたのは神戸市と尼崎市、佐用町、上郡町の4件だった。いずれもオーナーが滞在する「家主居住型」タイプでの営業を希望しているが、受理されたのは尼崎市と佐用町の2件にとどまっている。 県の担当者は「民泊は周辺住民とのトラブルを招きやすい。ルールを守って営業してもらいたいので、あえてハードルを高くしている」とする。県条例では住居専用地域での営業は年間を通じて全面禁止とし、緊急時には25分以内で駆けつけられる管理体制を取ることも義務付けた。 民泊を巡る条例の制定権限があるのは県のほか、保健所がある神戸、西宮、尼崎、姫路、明石市の5市。いずれも県と同等か、それに準じる厳しい規制を盛り込んだ条例を制定済みで、こうした状況が兵庫での届け出に二の足を踏ませているとみられる。 一方で、神戸市には「民泊の規制区域を教えてほしい」などの相談が120件以上寄せられており、関心の高さもうかがえる。寄せられた相談のうち、開業を本格的に検討しているのは80件近くあるといい、同市は「多くの業者は大阪や京都の民泊需要を見てから、神戸で採算が取れるか見極めている。今は様子見の段階」と分析。今月22日には届け出希望者向けのコールセンターを設置した。 また、尼崎市では家主不在型も含め届け出の準備中が10件近くあるという。

 

 

 

どうなる京都市の住宅宿泊事業法!!?

皆さんこんにちは。

6月15日の住宅宿泊事業(民泊新法)の施行に向けて3月15日から受付が始まりました。

では実際にはどの位届け出があるのでしょうか?

京都市は5月14日までの相談が1575件に対して、届け出が内8件、5月18日までで2件が受理されました。

受付が開始してまもなく2ヶ月経過するのにたったの2件!!

京都市からすれば予想を遥かに下回る件数ではないでしょうか。

全国的にみてみれば観光庁によると全国で届出が724件対して152件が受理されています。

全国で152件受理されていてそのうち2件が京都市ということになります。

数値でみてみると全国的にかなり少ない件数になりますね。

 

では、なぜここまで少ないのでしょうか?

やはり京都市が独自の条例で届出を受け付けたことが影響していますね。

 

 

 

 

 

 

ビザ要件緩和それにともなって日本への関心、この住宅宿泊事業は現在、日本は慢性的に宿泊客室数が足りていないのに対して訪日外客数の受け入れる施設を増やす目的があるのに条例だけ厳しくして門を狭くして届出が出来なかったら意味がないですね。

10月1日からは宿泊税が科されます、京都市は宿泊税でもかなり見込んでいたのにもかかわらず、このままいけば、宿泊税もかなりの予想下回るのではないのでしょうか?

2020年の東京五輪で大幅な訪日外客数が見込まれことに対しての京都は宿泊施設が他の政令指定都市でも少ないです、この民泊新法も京都の独自の法案も京都市民の苦情の上で施行されているかもしれませんが、あまりにも締めすぎると何年後かには京都市自体税収等でが苦しくなるのではないのでしょうか?

 

 

弊社は旅館業を運営しておりますが6月15日に旅館業の条例も厳しくなると噂されています。

住宅宿泊事業だけではなく旅館業も今後、対応を迫られることになると予想されます。

今後、情報が入り次第ブログにアップにしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地活用で簡易宿所 相続税対策

皆さんこんにちわ。代表の井上です。

 

土地活用で簡易宿所のテーマでお話しさせて頂きます。

 

弊社へのお問合せの中で、最近は特に上記のテーマ土地活用で簡易宿所というキーワードがよくでます。

 

①使っていない土地・物件がある。

 

②親・親族の所有物物件がある。相続予定等。

 

③現在パーキングにしている土地がある。

 

上記のお問合せが急増してきています。

 

特に②につきましてはもちろんの事ながら相続税も発生してしまいます。

 

相続税につきましては事業継承という形をとって相続税を激減する方法など、さまざまなやり方があるのも事実です。

 

弊社も次のステップとして相続にお困りの方に対して簡易宿所というテーマで土地活用という分野に特化してお手伝いができればと考えております。

 

現在、さまざまな専門家・税理士などと協議しています。

 

 

 

相続税対策としてよくあがるのがアパート・コインパーキングなどが近年で急激に増えましたが、収益性では圧倒的に

 

アパート<簡易宿所となっています。場所によっては実質利回り15%をはるかに超える物件も可能なのが簡易宿所です。

 

 

 

 

 

 

これから激減していく日本の人口

 

これから激増していく訪日外国人

 

 

 

上記のどちらにフォーカスしていくかを考えた時にアパート<簡易宿所だと考えております。

 

弊社京滋エルシーホームは建築後の運営・管理も責任をもって一括サービスで行っております。

建築・運営・管理を全て自社スタッフによりおこなっております。

 

 

 

上記の①②③で現在お困りの方や検討中の方などがたくさんおられると思います。

 

是非一度、弊社京滋エルシーホームまでご相談頂きながらご一緒に考えていき、お力になれればと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月稼働率99%達成

皆さんこんにちわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社の管理物件の5月の稼働率が99%を達成しました。

 

 

とにかく5つ星レビューをもらう事を心掛けて運営しました。

 

 

①清掃のクオリティー

 

②滞在中のゲストとのコミュニュケーション

 

上記① ②を重点的に取り組んでいます。

 

上記の2点を重点的に取り組んでいけば高レビュー率が格段に上がっていっている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後増加する空き家の活用にゲストハウス運用も一つの手!?

今後増加する空き家の活用にゲストハウス運用も一つの手!?

 

 

 

 

 

皆さんこんにちわ。有限会社京滋エルシーホームのスタッフ木谷です。世間ではゴールデンウィークに突入し、休暇を利用して国内、海外の様々な場所にお出かけされる方も多いんではないでしょうか?弊社でもこのゴールデンウィークは、運営する各ゲストハウスにおいて、多くのお客様に宿泊頂いております。お出かけされる皆様には、怪我や事故などなく、楽しい思い出となるゴールデンウィークとなられる事を願っております。

 

さて、弊社では最近、空き家となっている戸建てをお持ちの物件オーナー様や、空室が目立つマンションをお持ちのオーナー様より、「ゲストハウス・民泊として運用する事はできますか?費用はどれくらいかかりますか?どれくらい売り上げが立ちそうですか?」等のお問い合わせを非常に多く頂くようになりました。

 

そういったお問い合わせの中でも特に最近多くお話を聞くのが、戸建ての空き家をお持ちのオーナー様、今後、空き家を相続されるご予定の物件オーナー様のご家族様から、

 

 

 

 

 

 

 

「今後、身内の誰も住む予定が無く、固定資産税だけがかかり続けているだけの空き家があり、老朽化も進んで、建物の傷みが酷くなってきているので、そのうち京都市から特定空き家の指定、指導を受けるかもしれない。もし特定空き家の指定、指導を受けると、固定資産税、都市計画税を合わせると、今の6倍以上税金を支払わなければならないかもしれない。そうなる前に、何とか改修をして活用しないといけないと考えているのだけれども、建物の改修にもかなりの額がかかるし、賃貸で募集するにしても、かかった工事費用の回収にも相当時間がかかると思う。今、話題のゲストハウスとして運用すれば、普通に賃貸で運用するよりも、回収期間を早める事はできるだろうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

といったようなご相談を多く受けております。

 

こういったお話をよく聞くようになり、私自身、固定資産税に対しての知識があまりなかったので、税理士さんや空き家問題に詳しいい専門家に話を聞いてみたところ、確かに老朽化して損傷の激しい空き家を放置していると特定空き家と指定されてしまう恐れがあり、もし特定空き家に指定されてしまうと、税金が現状よりも6倍以上になる可能性がある。との見解をお聞きしました。

 

平成25年度に実施された土地家屋統計調査では、全国では800万戸以上の空き家があり、京都市においても11万戸の空き家があるとされています。

 

” 平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果の要約” 

” 空き家の現状データ – 京都市” 

” 空き家等の現状について – 国土交通省” 

 

現状では、平成25年度の土地家屋統計調査時よりも、空き家数は増えていると言われています。少子高齢化社会を迎えている日本においては、今後もますます空き家が増加するものと思われます。

そんな現在の空き家情勢の中で、今後の京都市においても住居として利用する予定のない空き家を相続などで取得される方も多いかと思います。

そのような皆様におかれましては、空き家を相続したいはいいけれども、売却する予定もなく、そのままほっといても、老朽化が進むと税金の負担が大きくなるかもしれない。活用するにしても、賃貸住宅として運用したほうがよいのか?それとも、その他の商売か?ゲストハウスにしたらよさそうなのか?各々の事業をするにしても、どれくらい初期投資が必要なのか?などなど、色々と思案される事かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に、もしもゲストハウスとして運用する事も検討の一つに入っているけども、どれくらい費用が必要で、どうやって開業までこぎつけ、運営はどのようにすればいいのか?などゲストハウスに関するささいなご相談があれば、お気軽にご相談下さいませ。
弊社としても、ゲストハウスに限らず、今後、京都市でもどんどんと増えてくる空き家が少しでも活用されて、京都の町が、より活性化される事を願っております。

 

 

 

 

 

 

 

住宅宿泊事業法消防法令適合通知書発行!!

こんにちは米坂です。

本日、弊社で初めての住宅宿泊事業法の消防法令適合通知書が発行されました。

住宅宿泊事業法も簡易宿泊所の適合通知と一緒で特定小規模用の消防設備が必要になります。(居住の場合は一般住宅用の消防設備でも問題ない場合もあり)

弊社では、簡易宿泊所の消防設備も設置もしておりますが、住宅宿泊事業の消防設備も承っております。

住宅宿泊事業でお考えの方は是非弊社に、お気軽にご相談、お問い合わせください。

 

 

簡易宿所攻略メールマガジン 配信中!!

 

 

 

 

 

複合施設での簡易宿所の許可は取得可能!?

こんにちは、米坂です。

今回は弊社によくお問い合わせがある、話をブログでアップしていきたいと思います。

例えばですが、建物が2階建てで1階部分は現在飲食店を運営していて、2階を簡易宿所の許可を取得できないというお問い合わせです。

結論は取得可能です。

しかし、取得可能ですが取得をするにあたって様々な条件を満たさなければいけません。

飲食店が併用している場合がこの場合のその条件はまず、

1入り口が1つで,飲食店の入り口と簡易宿泊所の入り口が別々になっている事、

    同じ入り口はNGです。

(例1)

 

 

 

この場合ですと、簡易宿泊所と飲食店の入り口が別になっていますね、これですと、飲食店と併用して、簡易宿泊所の許可を取得できます。

(例2)

 

(例2)の場合ですと簡易宿泊所と飲食店の最初の玄関入り口が一緒になっています、そして飲食店の方は玄関入り口から飲食店の玄関入り口に続いています。

簡易宿泊所は玄関を入ってそのまま上に宿泊所に向かっています

宿泊者と飲食店利用者の導線入り口が一緒のですのでこの場合ですと、許可を取得することは出来ません。

また、マンションでも入居者と宿泊者の入り口が一緒の導線の場合は京都市の条例で平成30年3月15日以降許可取得が不可能になりました。

 

2,2Fの簡易宿泊所に洗面、浴室があること(浴槽は必ず必須です、浴槽ナシはNG)。

併用施設の簡易宿所としての場合これが条件になります。

よく、お客様のお問い合わせの中でシャワーだけは設置してあるけど、それでは許可を取得できないのか?という質問があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく使用されている上記のシャワー室ですと、京都市の簡易宿泊所の条例ではシャワーだけでは取得できません。

ですので、簡易宿泊所の許可を取得しようと考えている方で現在シャワー室の場合、一般のユニットバスの入れ替えが必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階にシャワー室からユニットバスを入れ替える場合は、補強工事も必要になってくる場合がありますので、弊社でも工務店もしておりますので検討される方は、お問い合わせ、ご相談して頂ければと思います。

 

次に、複合施設の場合は消防の設備も、防火対象物の項目も変わってきます。

本来ですと簡易宿泊所の防火対象物の用途は5項のイになります。

しかし飲食店が入る場合、飲食店が防火対象物の用途が3項のロになります。

そうなると、用途的には特定用途の複合になる為、16項のイになります。

簡易宿泊所の設備の中で誘導灯の設置を義務図けられています。

16項イになりますと、こちらは下の飲食店の方にも避難経路として誘導灯を設置しなくてはいけません。(しかし、飲食店ですと誘導灯、消火器の設置されているところは多いです)

このように設置する設備が変わってきますので注意が必要です。

弊社では消防、簡易宿泊所の工事を承っております、お困りの方は、お気軽に是非お問い合わせ、御相談下さい。

 

 

簡易宿所攻略メールマガジン 配信中!!

 

 

 

 

 

 

読売テレビ様かんさい情報ネット TEN からくりコーナー出演!!民泊・簡易宿所の注目度の高さを実感!!

読売テレビ様かんさい情報ネット TEN からくりコーナー出演!!民泊・簡易宿所の注目度の高さを実感!!

 

 

 

 

 

皆さんこんにちわ。京滋エルシーホームスタッフの木谷です。

夜はまだ冷えこむ日がありますが、すっかり春らしい気候になってきましたね。

さて、弊社では昨日、本日と簡易宿所・民泊に関するお問い合わせのお電話を多数頂く一日となりました。

というのも、以前のブログでもご紹介をさせて頂いたのですが、先日、読売テレビ様かんさい情報ネット TEN からくりコーナーより「民泊を開業するとどうなるの?開業する為にはどうすればいいの?」という事をテーマにした取材を弊社でお受け致しまして、昨日がその放送日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

放送が終わった直後から簡易宿所・民泊について聞きたい事があるという多くのお問い合わせのお電話、メールを頂きました。

お問い合わせを頂いた多くのお客様、この度はお問い合わせありがとうございました。

電話が中々繋がらずにご迷惑をおかけしたお客様方、ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんでした。

普段より簡易宿所・民泊に関する多数のお問い合わせを頂いておりますが、これだけお問い合わせが殺到する状況になった事は初めてでしたので、対応に不慣れでご迷惑をおかけした皆様お許し頂ければ幸いです。

この2日間弊社のような小さな会社でもこれだけ多くのお問い合わせを頂く事になり、私自身、世間の多くの皆様が、民泊、ゲストハウス、簡易宿所と呼称は様々ですが、旅館業事業に対しての注目度の高さを実感致しました。

特に、現在京都市で空き家をお持ちの皆さんからのお問い合わせが大変多く、空き家をお持ちの多くのオーナー様が空き家の活用方法にお困りでいらっしゃるんだなと感じました。

又、昨日、本日とお問い合わせを頂いたお客様方達とお話させて頂く中で、私達が普段行っている仕事が、空き家をお持ちのオーナーさんにとってお役にたてる仕事になるんだなという事を再確認し、今後も私達ができる事をひたむきに頑張り、仕事を通じて一人でも多くの方のお役に立てるよう頑張りたいと思います。

京滋エルシーホームは今後も京都市で簡易宿所を開業したい、検討しているという方々のお役に立てる企業であれるよう頑張って参りますので、今後とも京滋エルシーホームを宜しくお願い致します。

スーパーホストに昇格しました!!いったいメリットとは?

皆さんこんにちは。 代表の井上です。

 

簡易宿所の予約サイトエアービーアンドビーにてスーパーホストに昇格する事ができました。

総合レビュー件数も予約サイトエアビーアンドビーだけで254件となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!スーパーホストに昇格する為には、さまざまな条件をクリアしなければなりません!!

 

 

 

 

 

長い間ホストを続けていると満足して頂けるゲスト様もいれば、もちろん満足して頂けなかったゲスト様もおられます。

 

 

弊社の簡易宿所では全施設含めて、年間で約5000人ものゲスト様が世界中から京都にこられて宿泊して頂いてます。

 

 

もちろん皆さん人間なのでいろいろな評価・意見・感想になるのも当然の事です。

 

 

しかしながら、これらを踏まえたうえでスーパーホストになる為には宿泊して頂いた役8割・9割の方に大変満足して頂かないとスーパーホストの称号はもらう事はできません。

 

 

スーパーホストの審査基準 下記

 

①返答率

ゲスト様からのメッセージに対してしっかり返事をしているかです。

返答率の基準が90%以上を維持する必要があります。

 

 

 

 

②5つ星レビューの獲得率です。

宿泊されたゲスト様から5段階評価をしてもらいます。

1・2・3・4・5とあります。

5が最上級でもっとも満足して頂いて時の評価です。

この5が全体レビューの80%以上を維持しているかの基準です。

 

 

 

 

③宿泊キャンセル(受け入れ拒否)

 

ゲスト様からの宿泊予約を頂いた後に、こちら側からむやみに受け入れを拒否する事です。

当然ながら、むやみな理由で1件でも受け入れ拒否をすればスーパーホストにはなれません。

 

 

 

 

④レビュー記載率

 

よくも悪くも評価を残されているかの基準です。

 

 

 

 

 

 

例えばですが、5つ星評価を継続している中で、1つ星の一番悪い評価が1つでもつけば、

評価基準の5つ星レビュー維持80%以上がいっきにさがってしまいます。

この5つ星レビュー80%以上を維持していき事が一番難しいのです。

 

もちろんの事ですが、宿泊して頂いた方が全員レビューを書いてくれるわけではありません。

 

中には、良くも悪くも評価すらして頂けない方もいます。

これらも評価基準におおきな影響をもたらします。

とにかく、宿泊して頂いたらレビューを書いてもらう事が評価基準に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーホストになるメリットは?

 

スーパーホストになれば、お客様が予約する際にスーパーホストのマークが表示されます。 下記のマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このマークがついているのとついていないのでは、予約をしようと考えておられるゲスト様にとってものすごく安心・信用が増します。

実際エアビーアンドビーを使って予約されたゲスト様のトラブル事例も多数あります。

 

①写真と実際は全然違っていた。 期待をおおいに裏切られた。

 

 

②実際に宿泊中にわからない事があり、ホスト(物件のオーナー)と連絡をとろうとしたが、まったく繋がらなかった。

 

 

③宿泊当日、実際の住所にいったけど物件事態が存在しなかった。

 

 

 

 

 

などなどのトラブルは日々多数おこっているのが現状です。。

 

 

 

 

 

 

こういった中でスーパーホストのマークがついていると、このホストはさまざまな厳しい評価基準をクリアしているホスト(オーナー)と判断してもらえ、予約率があがります。

実際に予約者側の検索ページにはスーパーホストのみを検索できる機能があり、予約者は実際にこの機能をよくつかわれて予約されているケースが多いです。

 

これらの予約率があがれば稼働率もあがります。予約率・稼働率があがれば自然と売上は上がります。単純で当たり前の理論なのです

 

 

 

 

 

実際に簡易宿所の運営が始まってからが勝負なのです。

物件の選定、内装工事が勝負ではありません。内装工事にいくらお金を投資したからといって儲かるわけではありません!いざ簡易宿所の営業許可がでて運営が始まって、おろそかな運営をしていては売上は上がりません。こればかりは断言致します!!

 

 

次回、5つ星評価を多くもらいやすい弊社が日々、1人1人のゲスト様にかならずおこなっている事や、実践している運営方法をご紹介していければと思います。

 

 

 

 

ゲストからの贈り物

本日は中国からのゲスト様からチップとお土産を頂きました。

 

弊社のゲストハウスに大変満足して頂いたみたいで、嬉しい限りです。

 

手紙とお酒とチップを頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

民泊新法 住宅宿泊事業法

住宅宿泊管理業者の登録申請について

 

 

 

 

 

 

当社は、住宅宿泊事業法(平成29年6月16日公布)に基づき、本日より受付開始となった住宅宿泊管理業者登録申請書の届出を関西地方整備局宛に登録申請を実施いたしました。

 

書類の審査が終わり次第、登録番号(又は仮の登録番号)が発行されますので、住宅宿泊事業者の届出をお考えのホストの皆様におかれましては、発行までもうしばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

 

有限会社 京滋エルシーホームは住宅宿泊事業者様の宿泊所運営に寄与させていただきます。今後とも引き続きよろしくお願い致します。