ブログ

旅館業法京都市条例 ガイドライン(構造設備の基準)がアップされました

旅館業法京都市条例 ガイドライン(構造設備の基準)がアップされました

 

 

 

 

皆さんこんには。有限会社京滋エルシーホームのスタッフ木谷です。

連日、非常に暑い日が続いており、私も少し夏バテ気味です。しかし、弊社お客様からご依頼をうけた工事の作業をして下さる職人スタッフの皆様は、更なる暑さの中で毎日頑張って頂いておりますので、私も頑張っていこうと思います。

このブログをご覧の皆様におかれましても、水分補給を充分に行い、熱中症などで倒れる事がないよう、充分にご注意下さい。

 

 

京都市旅館業法条例のガイドラインがアップされました

 

さて先日、ようやく京都市より、旅館業法京都市条例のガイドライン(旅館業施設の構造設備の基準)がアップされました。

 

内容については以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療衛生センター担当者、事業者側とも、細かな解釈や、原則以外に緩和される部分などはまだまだ確認しながらの手探りでの運用となりなすが、大枠での内容は決まったという形になります。

 

やはり特筆すべき点は、施設の運用体制によって、必要になる設備や、可能になる施設の間取りが変わってくるという点です。

 

今までよりもより厳しい構造設備基準となってしまっているのは言うまでもありませんが、これから簡易宿所の開業を目指される方々は、まずはご自身ではどのように簡易宿所施設を運用していくのか?という事から考えて頂き、その上で、運用体制に合せた設備、間取りに対応しなければいけません。

 

ご自身が理想に考える施設の間取りや設備の数、想定されている開業ご予算と、法令との乖離をいかにして埋められるかが大事になってきます。

 

しかし、それらを総合的に考えるにしても改装費用の兼ね合い等と法令と理想のハザマで、ご自身だけで考える事が難しい場合もあるかと思います。

 

弊社メンバーもまだまだ勉強中の身ですが、そのような場合には一度、弊社までご連絡を頂ければと思います。弊社メンバーもご一緒に、理想の施設イメージと法令のギャップを埋めるお手伝いをさせて頂ければと思います。

 

新規で簡易宿所を開業する場合、また今後も簡易宿所を継続していくハードルはこれまでよりもあがってしまいましたが、今後はいかにしてこのような条例改正に対応していけるかで、今後の旅館業業界で生き残っていけるかが変わってくるかと思います。

 

弊社も知恵を振り絞って、今後の簡易宿所事業をいかに展開・継続していけるかを考え、培っていく経験・情報をお客様に還元していければと考えております!

 

今後も京滋エルシーホームメンバーは皆様のお役に立てるよう頑張って参ります!