ブログ

特定小規模用消防工事 簡易宿所編

皆さんこんにちは

 

簡易宿所の許可を取得するにあたって消防設備の特定小規模用の設備設備を設置が必須になります。 今回は簡易宿所で設置する特定小規模用の消防設備にについて簡単に解説していきます。

 

①まず、特定小規模用消防設備とは?具体的に?

 

通常の消防設備工事とは異なって、延べ床面積が300㎡未満の建物です。

 

だいたいの簡易宿所は延床面積が300㎡未満が多いかと思います。

 

 

 

 

 

②何をしなければならないのか?どんな工事が必要なのか

 

誘導灯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難口への案内表示です。

 

デパート・飲食店等、皆さんの日常生活の中でもよく目にされていると思います。

 

簡易宿所も不特定多数の人物が出入りする施設になりますので、非常時に直接屋外に避難出来る扉付近、避難口に通じる通路に設置する標識になります。

 

 

 

 

 

 

非常灯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停電時に光る照明です。

 

名前の通り、非常時に光らせる必要があるので、分電盤ブレーカーがおちた際も光るように配線工事が必要になります。

 

蓄光式で停電時に30分程度光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動火災報知機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室内の煙などを感知した際に、音声で知らせてくれるものです。

一般の家庭には、住宅用の煙感知器がついていると思います。

しかし、簡易宿所では、特定小規模用自動火災報知機の設置となり各部屋の設置が必要で、煙を感知した際、連動して全部屋に音声で知らせてくれます。

収納スペース等で2㎡以上ある場合も設置が義務付けられています。

通常の自動火災報知機とは異なり、配線工事が不要で、ワイヤレス式連動タイプとなってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消火器

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消火器の設置は150㎡未満であれば設置義務はありません。しかし、各階で50㎡以上ある場合は50㎡を超える階に消火器の設置義務があります。

基本的には設置するようにしていますし、消防局からも任意での設置をお願いされます。

宿泊される方のことを考えると設置するほうがいいかと思います。

 

 

 

 

防炎物品

 

カーテン・絨毯も必ず防炎マークがある防炎物品への取り換えが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテンは通常のカーテンですと防炎使用にはなっていない為、火事になった際にすぐに火が燃え移ります。しかし防炎使用の場合はポリエステルや難燃糸を使用している物や通常の生地に難燃液をつけて防炎加工を施されています。

消防検査の際は上記の防炎マークがついていない防炎カーテンの場合と不適合とみなされ新しく防炎カーテンに取り換えを指導される場合がありますので、購入の際は防炎マークがついているか確認が必要です。

 

 

次に絨毯は2㎡以下の絨毯ですと防炎の物ではなくても問題ないですが2㎡以上になりますとこちらもカーテンと同じく防炎マークがついている必要があります。

 

 

 

 

 

 

避難経路図 緊急時外国後案内表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難経路図は宿泊者が避難する際に迅速かつ分かりやすく判断できるよう作成します。

緊急時の案内表示は英語で記載し海外の方にもわかるように作成致します。

 

 

 

 

これらの設備・工事が必ず必要です。

 

 

又、消防工事が完了したら、次に設備士が書類を作成します。

 

図面・配線回路図・仕様書・防火対象物使用開始届・消防法令適合通知交付申請書

 

これらを消防局予防課に提出します。

 

書類に不備がなければ、立ち合い検査があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

消防適合通知交付

書類・設備・検査 全て問題なければ消防局から消防適合通知が交付されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、消防法令適合通知書が発行されるまでの一連の流れになります。

これから簡易宿所の許可を取得される方で消防設備、消防法令適合通知書のことでお困りの方はまず、

一度弊社にお気軽にお問い合わせ下さい。