ブログ

簡易宿所営業許可取得後もお客様の事業を応援させて頂きます

京滋エルシーホームは簡易宿所営業許可取得後もお客様の事業を応援させて頂きます

 

皆さんこんばんわ。

京滋エルシーホームスタッフの木谷です。

だんだんと春に近づく気候となってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は20代に入ってからは春を感じる季節のイベントとなってしまった、花粉症と戦う日々を送っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし花粉に負けてボケーっともしていられません!!

何せ私達にゲストハウスの開業に向けてご依頼を頂くお客様は1日でも早く簡易宿所営業許可を取得して開業したいと願われているからです!!

皆様の願い、期待に応える為にも私も気合いで花粉との終わらない戦いに臨もうと心に決めたシーズンであります!!

その気持ちを持ってして先日も、弊社にご依頼頂いているお客様の物件にて、お仕事をさせて頂いてきました。

 

 

 

ゲストハウス運営の事が何もわからないけど、ゲストハウスをご自身で運営したいという方も安心して下さい!!開業後も京滋エルシーホームは皆様を応援させて頂きますよ!!

 

先日お仕事で伺わせて頂いたのは、簡易宿所営業許可の申請代行、付随する工事、物件のリノベーション工事を弊社にご依頼頂いている、瑞納通信株式会社様のゲストハウス開業予定物件です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瑞納通信株式会社様は代表者様が、中国籍のお方で、中国を初めとしたアジア各国で国際貿易を展開されている企業様です。

代表者様は私木谷や弊社代表井上よりもお若い方ですが、10代で単身日本に来日し、日本で起業を果たされ、奥様、お子様と京都で暮らしておられます。

今回会社でお持ちの物件の一つで、既存事業の国際貿易業とのシナジー効果も見据えて、新事業でゲストハウス運営にもチャレンジしてみたいとの事で、弊社HP経由でご連絡頂き、ご依頼頂く運びとなりました。

私も井上も、「私達よりもお若いのに、異国の地で起業されて、更に経験のない新たなビジネスにチャレンジされるとは・・・このバイタリティとガッツを見習わなんといかんな~!!」と大きな刺激を頂いたお客様です。

 

先日は消防設備工事の初日作業と、物件外部を高圧洗浄機を用いての清掃作業、不要荷物の搬出作業を行わせて頂きました。

 

*このブログ記事を書いている現在では、消防設備工事、玄関帳場カウンター造作工事まで工事を完了させて頂いています。

工事の模様はこちらです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

瑞納通信株式会社様 ゲストハウス開業予定物件 消防設備工事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高圧洗浄機を用いての物件外部の清掃後には「こんなに綺麗になってすご~い!!」と代表者様からもお褒めの言葉を頂きました。

今後も工事は進んでいきますが、弊社のひとつひとつの仕事にご満足頂けるよう、我々もがんばっていきたいと思います。

さて、今回弊社にご依頼頂いた瑞納通信株式会社様は、企業として旅館業が未経験という事もあり、初回面談の際から、「旅館業に関するノウハウが全くないので、簡易宿所営業許可を取得し、いざ開業となってもどのように、運営、オペレーションを行っていけばいいのかわからない。かといって、ゲストハウスや民泊の運営代行業者に依頼して、施設の運用を丸投げしたくもない。開業してしばらくの間は、運営に関して指導してほしいと」いうご相談を受けました。

弊社はゲストハウス・民泊の運営代行会社ではありませんが、自社でゲストハウスを運営している事もあり、時々「開業後の運営も代行して頂けませんか?」とお客様からご相談される事があります。

しかし、弊社としましては、人様の物件を預からさせて頂くという事は、自分達の物件を運営する以上に責任重大な業務と考えておりますので、相当なご事情が無い限りは基本的には運営代行業務はご遠慮させて頂いております。

*どうしても運営代行業者を探されているお客様には、提携していたり、繋がりのある運営代行業者様をご紹介させて頂く事はあります。

お客様視点にたった時に、開業と同時に宿泊施設の運営を代行してもらえるとなると、代行業者への業務委託料金はかかりますが、お客様ご自身のご負担は大きく軽減されますので、安心してゲストハウス・民泊を開業できるというプラス面があります。

一方で、開業してからのスタートアップは運営代行会社に任せたとしても、将来的には自分で運営をしていきたいとお考えの方にとっては、運営代行業者様に初めから業務委託されるのは、お薦めできない側面もございます。

何故かとというと、運営代行業者様に業務委託をされた場合、費用はかかりますが、ほんとに何から何まで代行して頂けるケースが多いので、宿泊施設オーナー様にとってはほんとに楽ちんな環境になります。

その環境になれてしまうと、人間だれしも楽な道から軌道修正をするのは難しいもので、当初は開業から少しの期間がたったら自分で運営しようと考えてられたとしても、自分で運営した時の負担を考えると、精神的に辞めるに辞めれない状況になられる可能性があるからです。

ご自身でゲストハウス・民泊を運営されていこうと考えられている方の多くは、全ての業務を外注する事なく内製化して、最大限の利益獲得を目指されている方が多いと思います。

そういったお考えをお持ちの方でしたら、開業当初はわからない事だらけで色々な壁にぶち当たったり、運営上のトラブルが頻発する事もあるかもしれませんが、ひとつひとつをご自身の手で解決し、乗り越えてレベルアップされていく事が、ゲストハウス・民泊事業を発展、成功に導く近道なんじゃないかなと弊社は考えております。

このように、ご自身で運営を行おうと考えているけどもどのように初めていけばいいのかわからない、開業したら運営のやり方を教えてほしいというお客様とお話を重ねていく中で、弊社としてもゲストハウス事業の立ち上げから携わらせて頂き、事業の成功を応援させて頂く頂く身として、ゲストハウス開業からの一定期間をフォローさせて頂く事でお役に立てるんじゃないかなと考えるようになりました。

完全に運営代行をさせて頂く事は上述しているように難しいにしても、スタートアップをサポートさせて頂く事でお客様に運営ノウハウを身につけて頂き、お客様ご自身でできる限り早く運営を行えるようになって頂ければ、ゲストハウス運営の面白さを体感して頂きながら、利益を最大限にとって頂く事ができるお手伝いになるんじゃないかなと私達は考えました。

この結論から、現在簡易宿所営業許可申請代行、工事関係でご依頼を頂いてるお客様の中で、今回の記事でご紹介させて頂いた瑞納通信株式会社様、ご家族でゲストハウス開業を目指されているお客様の2施設様に関しましては、スタートアップからの一定期間だけでもサポートをしてほしいとご要望を頂いておりましたので、ご依頼をお受けさせて頂く事に致しました。

弊社としましても初の試みとなりますが、弊社を頼って工事・申請のご依頼をして下さり、自立した運営を目指しておられるお客様のスタートアップを応援、お手伝いさせて頂く事で、「何もわからないところからゲストハウス・民泊事業を始めたけどもを開業してよかった」「自分自身でゲストハウス・民泊を運営をできるかどうか不安だったけども、自分で運営できるように努力して取り組んでみてよかった」「ゲストハウス・民泊を開業するにあたり、京滋エルシーホームに相談してよかった」そうお客様に感じて頂けるよう、私たちも責任重大ですが、今後、希望されるお客様に関しては、スタートアップを全力で応援させて頂こうと思っています。

 

 

 

 

 

お客様を応援するとは何かを私達は考え続けます!!

 

もし、ゲストハウス・民泊を開業して自分で運営したいけども、どのようにしたらよいのかわからない、教えてほしいとお考えの方がおられましたら、まずは気軽に弊社にお電話をしてみて頂ければと思います。

私木谷や代表の井上が、自分たちのこれまでの経験からではありますが、わかる範囲の事はお答えさせて頂きます。

そして、私達とお話されましたらご自身でもゲストハウス・民泊の運営ができると思って頂けるはずです。

何故ならば、弊社メンバーのほとんどは元々現場で汗を流す大工さんだったのです。

旅館業、接客業とは相反する仕事をしてた人達ばかりでした。

私達も最初は何もわからないど素人から始めて、今では外国人のお客様と簡単なコミュニケーションをとっています。

こんな私達でも曲りなりにもゲストハウス運営を出来ているのですから、きっとご自身でもできるはずと感じて頂ける事と思います。

 

今後も私達自身が既成概念の殻を破り続け、お客様がゲストハウス・民泊の開業後も長いお付き合いをさせて頂き、切磋琢磨、共存共栄できるお仲間に共に成長できるように、ご依頼頂くお客様のゲストハウス・民泊事業の成功を今まで以上に応援させて頂くサービスを、今後も開発・提供していきたいと強く考えております。

 

今後も京滋エルシーホームはお客様のお役に立つとは何か?自分たちにできる事は何か?を常に考えて業務にあたっていきたいと思います。